高校受験模試の成績が悪い

模試の結果が悪い・・志望高校を変えるか、諦めずにがんばるか?

高校受験模試で合格判定がC・D・E・・どうしたら?

 

10月、11月の模擬試験でよい点数が取れなかった。

 

判定も悪く、落ち込んでしまう。

 

頑張っているつもりなのに、なかなか結果がついてこない。

 

志望高校は無理かもしれない。下げようか。

 

そう考えるのも無理はありません。

 

努力しているほどショックも大きく、つらいことでしょう。

 

高校入試は2月下旬から3月。

 

志望校についてどのように考えればいいでしょうか。

 

志望校を下げるか・そのまま変えないか?

 

20年ほどの塾経営の経験から言いますと、
受験高校決定(願書用意)まで志望校は変えない方がいいです。

 

理由が2つあります。

 

モチベーションが激しく下がるから

 

10月、11月の時点で志望校を下げると、
今まで頑張ってきた緊張の糸が切れてしまいます。

 

「今まで頑張ってきたのが無駄になった」

 

「最初からそうしておけばよかった」

 

「どうせ私はそれだけの能力だったんだ」

 

モチベーションが一気に下がり、ネガティブな考え方にもなりやすいです。

 

納得していない段階で目標をあきらめることは、精神的によいことではありません。

 

成績もますます下がるから

 

志望校を下げたので合格できるはず。

 

少しぐらい遊んだり気晴らしをしてもいいだろう。

 

本人も家族も心に隙ができてしまいます。

 

他の受験生が頑張っている中で、頑張るのをやめたらどうなるか?

 

偏差値は相対的なものなので、順位は下がってしまいます。

 

気持ちと一緒に成績も下がっていくと考えてください。

 

親は何と励ませばよいのか?親ができることは?

 

高校受験は通過点と教える

 

一所懸命に努力しているお子さんには、高校受験は
これからの人生のための通過点に過ぎないと教えてあげてください。

 

もちろん第一志望の高校に合格すれば万歳です。

 

しかし、結果的に進学した高校での頑張りで、その後の人生が決まります。

 

極端な話、第一志望に合格しても「燃え尽き症候群」で、不登校になる子もいます。

 

燃え尽きてしまうのは、高校合格をゴールとしているからです。

 

結果がどうあれ、お前は大切な存在と伝える

 

毎日のように高校受験生と接していると、彼らは
「自分が親にどう思われているか」をとても気にしています。

 

志望校に落ちたら、親に嫌われるんじゃないかと心配する子もいます。

 

普段はそんな素振りを見せなくても、親の期待に応えようと思っています。

 

もしダメでも、お前は大切な存在だ」と伝えてください。

 

お子さんが解放されて、ぱっと明るい顔になることでしょう。

 

受験校決定の1ヶ月前になったら、もう一度家族会議を開いてください。

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら

高校入試模試の判定が悪い・志望高校を下げたほうがよいのか?関連ページ

100点は目指さない
入試本番や模試でも100点を目指す必要はありません。

人気教材ランキング 受験勉強のコツ 親ができること サイトマップ