間違えなおしができるノートに

数学はノートの使い方がとても大切で、

 

受験勉強をするときもそれは同じです。

 

ノート

 

ノートを開いたら、左側だけ使うようにします。

 

左側は学校の授業で先生が板書したことや、

 

教科書や問題集の問題を解いていきます。

 

問題を解くときは、途中の式を必ず書いてください!

 

数学は解き方を理解して覚える科目なので、

 

途中を書きながら解き方を覚えていきます。

 

 

右側は、「問い」や問題集で間違った問題をやり直すのに使います。

 

この「やり直し」が最も大切で、これさえやれば成績は上がります。

 

ただ答えを写してもやり直したことにならないので、

 

必ず解答やヒントを見ない状態で解き直してください。

 

ごちゃごちゃしないように空白をとり、余裕のある使い方をしましょう。

グラフや図をしっかり書く

関数や図形を苦手にしている中学生は多いと思います。

 

関数や平面図形・空間図形はグラフの読み取りや

 

図形の角度、証明、計測が必要になります。

 

ノートに問題を解くときや間違えなおしをするとき、

 

自分の手でしっかりグラやフ図を書くことをオススメします。

 

一次関数

 

グラフを書いて、グラフの座標がわかっていたら書き加える。

 

図形の点のアルファベット、辺の長さ、立体の高さなども書き加えます。

 

わざわざ自分の手で書くのは、

 

グラフや図をイメージとして頭の中に残しておくためです。

 

図形が苦手な中学生は、「図を書いてみて」というと書けません。

 

これは、図形そのものや解き方がイメージできないからです。

 

図を自分で書くことでイメージが頭に残り、

 

何をどうやって解けばいいのかも分かりやすくなります。

 

図を書いているうちに「あっ、わかった!」ということも少なくありません。

 

 

ケアレスミスを防ぐ方法へ

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら