高校入試の勉強では計算・関数・図形など

 

かたよりなく学習していくことが大切です。

高校受験勉強法|数学記事一覧

数学はノートの使い方がとても大切で、受験勉強をするときもそれは同じです。ノートを開いたら、左側だけ使うようにします。左側は学校の授業で先生が板書したことや、教科書や問題集の問題を解いていきます。問題を解くときは、途中の式を必ず書いてください!数学は解き方を理解して覚える科目なので、途中を書きながら解き方を覚えていきます。右側は、「問い」や問題集で間違った問題をやり直すのに使います。この「やり直し」...

高校入試での計算ミスは命取りになります。もし小学校の分数や小数でよく間違えるのに、誰にも言えず、そのまま中3になってしまったいたら今がラストチャンスと考えてください。算数から苦手だった人は「単純計算練習」をおすすめします。くもん教材などにはハギトリ式の問題集がたくさん出ています。分数・小数などの苦手分野がはっきりしている人は、そのテーマのものを選びます。ときどきしょうもない計算でミスがある人は、四...

数学の入試問題はいつから始めればいいでしょうか。1年・2年のうちは「中間テスト・期末テスト」に集中するとして、3年の夏休み明けから少しずつチャレンジしてください。夏休みに基礎を固めよう高校入試の問題は秋に始めれば間に合います。それまでは1年・2年の基礎の復習をしていきましょう。中学校や塾で配られる問題集は「分野別」になっていると思います。最初の正負の数や文字式、方程式、比例反比例など、1年生の範囲...