やる気があるから点数が良いのではなく、点数が良いとやる気が出る

自信やプライドがあるから成績が良い

 

400点取る子は「自分は400点取って当たり前」と思っています。

 

400点取れた経験があり、良い意味でのプライドを持っています。

 

400点取れないと恥ずかしい、悔しいと感じます。

 

 

一方、300点の子は「私は300点の人間」と思っています。

 

こんなもの、これでいい、と満足しています。

 

いやいや、誰でも高い点数を取りたいに決まっているじゃないか!と

 

怒る方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

本人の心の中では「無理だろう」との思いがあります。

 

もちろん各科目の問題を解く技術不足もありますが、

 

心の中で「私は400点はとれない」と諦めがあるのです。

 

高校に合格してほしいならば、親はこどもを褒めて自信をつけさせること

 

つまり、成績を上げてほしい、上げさせたいと考えるならば

 

まず「あんたは成績が上がる!」と信じさせることが大切です。

 

 

親が「あんたバカじゃないの?」なんて言ってしまうと

 

お子さんは「おれはバカなんだな」と考えてしまうのです。

 

それが「バカだから300点でOK」の発想を生みます。

 

 

ですから、まずは小さなことでも褒めたり認めたりして

 

本人に「オレってすごいかも!」と思わせることが必要です。

 

保護者の方はすかさず褒めてあげてください。

 

すると「もしかしたら400点取れるかも?」と感じて頑張るのです。

 

中間テストや期末テスト、単元テストなど、
範囲が限定されていて点数が取れやすいところで取らせてください。

 

1教科でもいいので過去最高点を取らせてください。

 

とれたら褒めちぎって、プライドを持たせてください。

 

プライドや自信を持てば、自分で勉強するようになります。

 

やる気がある→勉強する→結果がでる。

このようなサイクルを想像しますが、逆です。

結果が出た→褒められる→やる気が出る→勉強する。

成績の良い子はこのサイクルで頑張っています。