内申書とは?

内申書とは中学校から受験高校に渡される

 

「中学3年間の総合的通知表」と考えてください。

 

具体的な内容は以下のようになっています。

 

  •  3年間の出欠表・・・特例を除き、休みが多いのはよくないですね。
  •  

  •  9科目の評価・・通知表の合計評定です。
  •  

  •  部活動の記録・・県大会やそれ以上の大会に出場で評価
  •  

  •  校内活動の記録・・生徒会活動や英語検定・漢字検定などの取得
  •  

  •  課外活動の記録・・ボランティア、奉仕活動などの記録

 

これらが、受験する高校へ渡り、入試の合否の判断材料となります。

 

高校の立場で考えてみましょう。

 

 

欠席なく授業に参加し、まじめに授業を受けて勉強し、

 

勉強と部活の両方とも頑張り、積極的に行動する人が欲しいのです。

 

 

ただし、内申点の評価は都道府県によって異なります。

 

1年・2年・3年のすべての学年を平等に数値化する地域もあれば、

 

1・2年は関係なく、3年生の成績だけが内申になる地域もあります。

 

大切なことなので、中学校の先生に確かめておくことをオススメします。

内申書をよくするには?

内申書の大部分は中学校での通知簿評定と考えていいでしょう。

 

では、通知簿の数値はどのように決まるのでしょうか。

 

通知簿の評定=テストの点数+授業態度や提出物

 

通知簿を上げるには、テストでしっかりと点数を取ることはもちろん、
学校ワークなどの提出期限をきちんと守り、
授業に積極的に参加する態度が必要です。

 

人前に出るような生徒会は難しいならば、
英検や漢検の3級以上を目指しましょう。

 

勉強が苦手なら、ボランティア活動をするなどしましょう。

 

都道府県によっては入試本番の点数がよくなくても、
内申が優れている場合には合格できる場合もあります。

 

その逆もあります。

 

高校入試は日頃からの努力や姿勢+本番の点数と考えましょう。

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら


人気教材ランキング 受験勉強のコツ 親ができること サイトマップ