秋は高校入試に出た問題にチャレンジ!

入試本番を想定して準備に入る

 

夏休みに基礎基本の復習はできたでしょうか。

 

中3は夏休み明けに実力テストや統一テストがあります。

 

これまでのテストと違い、範囲が広く応用問題も増えるので、
苦戦した人も多いと思います。

 

今後は、その結果を踏まえながら「より実戦に近い勉強」を
増やしていきましょう。

 

具体的には、公立高校で出題されたレベルの問題演習です。

 

問題集で<北海道> <石川>などと書かれていることがありますね?

 

それは、その都道府県の公立入試で出題された印です。

 

<山口改>とは、「山口県で出題された問題を少し変えた」という意味です。

 

※ 自分の都道府県の過去問は12月か冬休みくらいにやってみましょう。

 

得意分野も苦手分野も均一に

 

「苦手な科目はイヤだな・・」「不得意科目はやる気が起きない・・」

 

だれでもそう感じると思います。

 

でも、高校入試は5科目総得点での競争ですから
少しずつでもいいので復習していきましょう。

 

「特定の分野に大きな穴(不得意)がある」というのは、入試ではとても怖いことです。

 

全然わからない分野は、教科書レベルに戻って最初からやり直せばいいです。

 

今からでも大丈夫、間に合います。

 

○・△・?の区別をして再チャレンジ

 

効率よく充実した受験勉強をすすめていくコツは、
出来た問題と出来なかった問題の区別をしっかりすることです。

 

これは中間テストや期末テストの勉強でも同じです。

 

・ 自分の力で正解することが出来た・・○印

 

・ 分からなかったけど、解説を見たら理解できた・・△印

 

・ 解説を見たけど、まだわからない・・?印

 

△印はなるべく時間をあけずに解き直してみましょう。

 

自分で解けるようになったら、△を○の変えます。

 

?印は友達や学校の先生に質問して理解をすすめましょう。

 

理解できたら、?を△に変えておきます。

 

後日もう一度解いてみて、○に変わるようにしていきます。

 

問題集はあれこれやらずに、まず各教科1冊を仕上げます。

 

仕上げるとは、90%以上の問題を○印にした状態です。

 

さあ、志望校合格に向かって頑張ろう!

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら