理科社会の暗記のまとめノートに時間をかけない

理科社会の暗記をしたいが、時間がかかって覚えられない人へ

暗記したいなら要点のまとめに時間をかけすぎないこと

 

高校入試の勉強に「暗記」は避けて通れません。

 

とくに社会は地理・歴史・公民の3分野があり、
覚える用語の量もとても多いです。

 

そして、暗記が得意でないばかりに
社会をキライになる中学生も多いようです。

 

理科社会の用語を覚えるときに、
最初にやるべきでないのが「まとめ」です。

 

テスト範囲の内容をまずノートにきれいに「まとめて」、
そのまとめを眺めて暗記にかかります。

 

しかし、大抵の子はノートにまとめた時点で「勉強した」と勘違いしてしまいます。

 

覚えたいことをアウトプットしないと暗記できない

 

勉強はおおまかに分けて「インプット・アウトプット」があります。

 

インプットは知識を頭の中に入れること。学校の授業です。知識を「入れ」ます。

 

アウトプットは知識を出すこと。練習問題を解きながら知識を「出して」みます。

 

テストでは、インプットしたものをアウトプットできるかどうかが問われます。

 

では、「まとめ」は?

 

インプットでもアウトプットでもない「作業」です。

 

こどもの塗り絵と同じで、何も入れないし出さない。

 

入試で必要な暗記と、調べ学習を分けて考える

 

小学校の理科や社会では調べ学習があって、

 

班ごとにあるテーマを調べてまとめて発表したと思います。

 

もちろん、それはそれで意味のあることなのですが、

 

テストで成績を上げる、点数を取ることを考えると

 

もっとインプット、アウトプットに時間をかけるべきです。

 

 

小学生のテストと違い、中学のテスト範囲は

 

2ヶ月かけて学んだことを1枚のペーパーでテストします。

 

小学校の「東北地方だけ」のテストとは異なり、

 

北海道、東北、関東の農業、商業、工業などと

 

鎌倉・室町時代で一回のテストでしたよね?

 

3年生の実力テストや模擬試験なら範囲などありません。

 

まとめていては、問題集を解いている時間が確実に足りなくなります。

 

それならば、反復して覚えるのに時間を使ってください。

 

まとめ → 問題演習 は逆です。

 

問題演習 → わかりにくい所にぶつかる → まとめてみる

 

これが効率のよい暗記学習の順序です。

 

最初から「要点まとめ」に時間をかけ過ぎないようにしましょう。

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら

理科や社会の暗記が苦手で困っている人へアドバイス関連ページ

実力テスト向けの勉強法は?
中学3年生になると実力テストが毎月のようにありますね。「何をしていいかわからない」という3年生も多いと思います。実力テストの勉強法を紹介しますので、合格に向けて頑張ってください!
復習の基本
復習を始めるまえに覚えておきたい大切なこと。反復練習、ノートのとり方、苦手科目の克服、目標の決め方。
学習時間
高校入試を迎える中学3年生は一日平均どれくらい勉強すべきでしょうか?
塾の選び方
高校受験生にとって、学習塾選びはとても重要です。どのように塾を選べばいいのかアドバイス。
やる気の出し方
高校入試に向けてのやる気の出し方です。やる気が出ないときはどうすればいいのか、モチベーションの上げ方は?
志望校が決まらないとき
高校の受験校が決められないときはどうしたらよいでしょうか。将来のめの大きな選択ですから、焦らずよく考えたいものです。受験校選びのアドバイス。
宿題や提出物はきちんと出そう
中学校の宿題やテスト前の課題(ワークやプリント)は期限までにきっちり提出しましょう。なぜなら、テストの点数が良くても提出物がわるいと通知簿の評価が下がるからです。通知簿の評価がそのまま内申の成績になる場合もあります。
前向きに考えて合格する方法
志望高校に合格する子は、あまり悲観せず、謙虚に、前向きに努力をする子です。成績が悪ければ落ち込むのは当たり前ですが、希望をもって勉強を続けなければいけません。
実力テスト勉強のやり方
中間テストや期末テストでは点数が良いのに、実力テストになると点数が取れなくなる中学生は多いものです。中学生の実力テスト勉強法は?
中学生は漢検を受けたほうがいい
漢字検定は中学生にとって必修といってよいでしょう。3級以上取得をすると内申にプラスになるなど、高校入試にも有利です。
計画の立て方は?
入試までの日数は限られているので、できるだけ効率よく勉強するために、計画を立てることはとても大切です。計画の立て方を紹介します。
勉強がとても苦手で高校受験が心配
どうしても勉強が好きになれず、苦手でもあるので職業や技術系の高校に進もうと考えている中学生のための勉強法
得意科目を伸ばすべきか、不得意科目を勉強すべきか。
高校受験の勉強で得意科目と不得意科目があるときは、どちらを優先して勉強すればよいでしょうか。
集中力の高め方
やる気はあるけれど、どうしても集中できない。勉強しなければいけないけど、集中力が続かない・・。こんなときはどうすればいいでしょうか。
9月から高校入試問題集をどんどん解こう!
中3生は9月から実戦練習として「高校入試問題集」を始めたいですね。中学校で販売しているものでもよいし、市販のものも検討してみましょう。

人気教材ランキング 受験勉強のコツ 親ができること サイトマップ