高校入試,リスニング

教科書CDで耳を慣らそう

リスニングは何をしてよいかわかりにくいですね。

 

今までのテストでリスニングが「全然わからない!」という人は、

 

教科書のCDを聴いてみましょう。

 

教科書リスニングCD

 

自信がない人は2年生のものでもOKです。

 

勉強の手順を説明しますね。

 

1、自分が英文を音読できるか確かめます。

 

CDで流れる英文(原稿)を音読してみましょう。

 

なぜなら、自分で発音できない音は聞こえないからです。

 

黙読では効果がありません。

 

小さな声でも必ず声に出してみることが大切です。

 

もちろん本格的な発音でなくとも大丈夫です。

 

2、次に教科書を開き、英文を目で追いながら音声を聴きます。

 

自分で読んだ英文と、実際の発音の違いを知るためです。

 

ネイティブの音声はかなり速いと感じるでしょう。

 

また、 why dont you (ワイドンチュー) と単語がつながって聞こえたり、

 

That bag ( ザッ バッグ) と{ t }が聞こえないなどのことが分かってきます。

 

英文独特のリズムや強弱もおもいしろいです。

 

同じページを何度も繰り返して聞くとだんだん耳が慣れてきます。

 

音声に耳が「ついていける」ようになったらOKです。

 

3、教科書なしで英文だけ聞いてみる

 

最後に、教科書を閉じて英文を聴いてみましょう。

 

何を言っているかだいたい理解できたら、教科書CDは卒業です。

 

わからない部分があったら、また教科書を開けばOKです。

 

一度に上達はしないので、

 

何度も聴くことが練習だと思ってください。

入試問題のリスニングを聴いてみよう!

英文を聴くことに慣れてきたら、

 

公立入試の過去問CDを聴くといいです。

 

最近は、市販の入試過去問題集にCDも付属していますね。

 

自分の都道府県の過去問を3年〜5年聴けるとベストです。

 

都道府県によって出題形式に特徴があるので、

 

過去問で傾向をつかんでおきましょう。

 

ナチュラルスピードに慣れるという点では、

 

英検3級のリスニングCDもおすすめです。

 

英検3級

 

英検の形式は固定していますが、

 

いろいろな形式に慣れたり聴いたりの練習にはよいです。

 

教科書CD、過去問、英検3級CD、

 

これくらいで十分だと思いますので、何度も繰り返し聴きましょう。

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら

高校入試リスニングの対策関連ページ

長文の勉強法
高校入試では長文問題(読解)が大きな割合を占め配点も高いです。長文を読むスラッシュリーディングの方法やウラ技も紹介。
英単語の覚え方
高校受験英語にとって単語はもちろん重要。覚えられない人に英単語の覚え方をアドバイス。
英作文の対策
高校入試で英作文が出題されることがあります。具体的な対策と勉強法は?

人気教材ランキング 受験勉強のコツ 親ができること サイトマップ