高校入試の英作文

教科書基本文をしっかり覚える

高校入試の英作文は、問題を見たときに

 

「さて、何を書こう?」と考えている余裕はありません。

 

場面にあった英文を書いたり、条件にあった英文を書くのに

 

その場で考えるのではなく、頭にある英文を出すという意識が大切です。

 

つまり、ある程度の量の英文を暗記して

 

それの単語だけ変える練習をしていきます。

 

具体的には、教科書の基本文を暗記することをオススメします。

 

教科書のそれぞれの単元末や、巻末に基本文のまとめがあります。

 

それらの基本文を「日本語→英語」にしていきましょう。

 

対話文の穴埋め英作文

対話文の中の空白を埋めさせたり、

 

絵を見てセリフを考えさせる問題もあります。

 

これは「会話の定番表現」をしっかり書けるかどうかを試しています。

 

例をあげておきます。

 

 

Nice to meet you.  ( はじめまして)

 

What's the matter ? ( どうしたの? )

 

Show me your passport. ( パスポートを拝見します )

 

May I help you ? ( いらっしゃいませ )

 

Can I speak to Mary, please ? ( メアリーにかわっていただけません?)

 

How long are you going to satay ? ( どれくらい滞在予定ですか? )

 

 

場面によって、決まった表現がありますよね?

 

学校の授業で何度も音読したり、

 

隣の席の子と「役」を決めて練習した単元です。

 

これらは教科書の最後のほうにまとめて書いてあったり、

 

ワークの学年のまとめページに載っています。

 

何度も練習して暗記してしまいましょう。

テーマ英作文

テーマ英作文とは、一つのテーマについて英文を書く問題です。

 

都道府県によりますが、3〜5文が多いです。

 

よく出るテーマをあげておきます。

 

  • 友人の紹介
  • 家族の紹介
  • 私の町の紹介
  • 趣味の紹介
  • 好きなスポーツ
  • 好きな科目
  • 中学校の思い出
  • 修学旅行の思い出
  • 将来の夢
  • 高校に入って頑張りたいこと
  • 日本の伝統行事紹介
  • 日本の文化紹介

 

中学校の実力テストで出題された問題もあると思います。

 

これらもその場で何を書くか考える時間はありません。

 

学校や塾で練習したら必ず添削してもらい、

 

5文を暗記してしまうことが大切です。

 

 

高校受験数学の勉強法へ

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら

高校入試|英作文の対策関連ページ

長文の勉強法
高校入試では長文問題(読解)が大きな割合を占め配点も高いです。長文を読むスラッシュリーディングの方法やウラ技も紹介。
英単語の覚え方
高校受験英語にとって単語はもちろん重要。覚えられない人に英単語の覚え方をアドバイス。
リスニングの対策
リスニングの配点が高くなりましたね。30点ほどの配点があります。リスニングもぜひ練習して得意にしておきたいです。

人気教材ランキング 受験勉強のコツ 親ができること サイトマップ