10月の高校受験勉強

中3生が受験のために10月にやっておきたい勉強は?

焦らず、学習内容を決めて頑張ろう!

 

10月は校内の定期テストや実力テストがあり、

 

文化祭や運動会もあるため、忙しい月です。

 

でも、来春の高校受験で合格するために
地に足を付けてしっかりと復習をしていきたいです。

 

10月にやるべき3つのテーマあげますので、参考にしてください。

 

模試を受けよう

 

秋・冬は、中学以外で行われる模擬試験を積極的に受けましょう。

 

模試を受ける目的はいくつかあります。

 

試験会場

 

1、緊張感の中で試験をする

 

中学校のテストは隣に友達が座っていることでしょう。

 

校外模試では、隣に知らない子が座っていると思います。

 

同じ中学校の子は少しで、ほとんど知らない子に囲まれます。

 

すると、だれでも緊張することでしょう。

 

しかし、この緊張感が本番のための大切な練習になります。

 

部活動でスポーツをやっていた人は、練習試合をたくさんしたと思います。

 

練習試合によって、試合の流れや空気感を味わえることでしょう。

 

模試も練習試合と思ってのぞめばいいのです。

 

2、入試の傾向に慣れる

 

全県で行われる模試は、地域の入試傾向に合わせた出題です。

 

どんな感じの入試なのか、傾向を理解するのに役立ちます。

 

出題傾向を知って勉強するのと、知らないで勉強するのでは大違い。

 

過去問に取り組む前に、模試で慣れていきましょう

 

3、結果を今後に活かす

 

もちろん結果や合否判定は重要ですが、

 

10月ならばまだまだ挽回(ばんかい)も可能です。

 

何ができていて、できていない分野はどこか見極めるチャンスです。

 

合否判定が良かったら喜ばしいですが、

 

油断せずに勉強を続けてください。

 

合否判定が良くなくても、まだまだこれからです。

 

高校入試問題集を解こう

 

9月、10月、11月は入試問題集をどんどん解きたいですね。

 

模試の結果を踏まえながら、全国の入試問題にチャレンジです。

 

全国入試問題

 

夏休み明けに学校で販売する中学校も見受けられます。

 

学校での販売がなければ、書店で購入すればOKです。

 

得意を伸ばす?苦手をなくす?

 

よくご相談をいただくのが、

 

「得意科目を伸ばすのがいいか?それとも苦手科目を無くすのがいいか?」

 

結論としては、苦手を中心に勉強するのがよい。

 

※その後の人生では好きなことや得意分野を伸ばすのがよいと思います。

 

高校受験は5科目の総点(と内申点)で合否が決まります。

 

苦手科目が易しい出題で平均が高い場合、他の受験生との差がつきやすいです。

 

簡単に言うと、苦手科目があるとコケたときにダメージが大きくなります。

 

ですから、大きくコケないように苦手分野をなくしてゆく努力をしてください。

 

たいていの科目は高校に入ってからも続きますから、

 

その意味でも苦手科目を作らない方が将来のためです。

 

さあ、志望校の合格目指して頑張りましょう!

 

<高校受験生と親の悩みベスト3>

 

1、やる気がない!
テレビ・パソコン・スマホばかり・・

 

2、成績が悪い!
志望校合格に偏差値が足りない・・

 

3、勉強のやり方がわからない!
効率よく勉強してほしい

 

3つの悩みを解決するサクラサク勉強法はこちら

さあ、高校受験。10月はどんな勉強をすればいいのか?関連ページ

6月の高校受験勉強
6月の高校入試対策は何をしたらよいでしょうか。高校合格を勝ち取るのに必要なことは?
7月からの高校入試の勉強
7月は本格的な高校受験勉強スタートの月。部活動が終わったら、生活リズムが変わるので、一日のスケジュールを見直して、勉強時間を確保しましょう。
高校受験夏休みの勉強法
夏休みは高校受験の天王山と言われています。何をどのように勉強すればよいでしょうか。5科目の復習はどのようにするか、一日の生活は?勉強時間は?計画をどう立てる?中3と親に役立つ「夏休みの過ごし方」
高校受験の勉強9月からは?
9月から高校受験の勉強を始めれば、成績はまだまだ伸びますし、頑張るほど合格が近づくことは言うまでもありません。
公立高校直前の準備
多くの県立高校は3月に一般入試を行います。2月は公立高校入試直前になりますから、当日を想定した準備をしましょう。

人気教材ランキング 受験勉強のコツ 親ができること サイトマップ